皆さんはお買い物をする時、値段を気にしていますよね。安くなっていたり高くなっていたり。その要因は色々とあるけれど、セールなどで安くなっていると買い時だと判断するかと思います。

あまり意識している人は少ないかもしれませんが、amazonにもこの値段の変化があるのです。その秘密にせまりたいと思います。

amazonの商品は日々値段が変化している

amazonにはマーケットプレイスという、amazon.co.jp以外に商品を販売している企業、個人がいます。Aという商品をマーケットプライス含め、たくさんの人が出品をしたとしましょう。すると在庫が増え、商品の値段が下がる傾向にあるのです。

在庫量が減ってくると値段は高くなる傾向に

人気の商品は特にそうなのですが、在庫量が減ってくると販売者が値段をつりあげたりと価格調整を行うので、高くなる傾向にあります。amazon.co.jpが販売する商品に関しては値段の上下はあまり見られないようですが、販売者側の意図するものにより値段は変わってきます。

amazonの価格変動がわかる

前回ホリデーブログでご紹介したモノレートをはじめとする、amazonの価格変動を調べるツールがたくさんあります。→モノレートに関する記事はこちら

過去1ヶ月、3ヶ月、半年などその商品の価格変動がひと目でわかるので、人気がなく売れ残りの商品はどんどんと値段が下がってきている、だとか。在庫切れを起こす前に値段が急に跳ね上がっていたりだとか、面白いデータを見ることが出来ます。

まとめ

普段の生活ではあまり意識することがないamazonの価格変動。これには意外と奥深い裏付けがあったり、ビジネスに役立つこともあり、amazon価格変動を利用しビジネスを成功させている人もたくさんいるとのことです。情報を上手く活用しお得な生活を送るという意味でもamazonの価格変動。これはちょっぴり面白いお話だと思います。